12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-05-14 (Mon)


マロン手術・辛い過去





いやいや・・タイトル程、大事の手術では無いのですが・・。
マロンちゃん歯垢がたまって、顔が腫れていて(ジークと同じ症状ねw)今まで抗生剤飲んでいたのですが、体調も良いし、何時までも歯垢付いて腐った歯取って置いても仕方ないので今回手術する事にしました★日曜の夜11時から飲まず喰わずなので、昨日(日曜)は、たっぷりお散歩して、たくさんご飯食べて、飲んでゆっくり過ごしました。


Image093.jpg



たかが歯垢・されど歯垢、麻酔は嫌な思い出があるママ。
小学生低学年からずっと高校まで飼っていた愛犬モグ。
手術の時に麻酔で亡くなりました。
安楽死させるか、一か八かで手術するか、学校に行っていて獣医でそんな事になっているとは知らず。帰宅するときに家に電話したら姉が『モグ死んじゃったよ』一瞬真っ暗になって、いつも鶴見駅から自転車で帰るけど、その時ばかりはタクシーで急いで帰りました。

モグは雑種でした。小学校の校庭に捨てられてこっそり持ち帰った私。親にばれるはずもなく。『戻してらっしゃい!』っと言われて、こたつの中に隠したり、物置で一晩隠れて居たり。そんなこんなで産まれて初めて『自分のペット』を飼ったのがモグ。

警察犬の訓練でも受けたんですか?そう言われる事は日常茶飯事。本当に頭が良いモグでした。最後の最後まで体はいつくばって私の元へ来て、一緒に寝て遊んでくれたモグ。苦しくて飼い主噛みついても何してもおかしくない。そんな状態だったモグ。なのに最後の最後までそんな素振りは見せませんでした。

今日も帰ればモグが居る。

そう思って帰った時には、リビングで冷たくなっているモグの姿。
最後の最後に看取ってあげられなかった。
どんなに苦しくても、モグは私に心配掛けないように、私が学校行ってから何時通りに見送ってから亡くなりました。

そんな苦しい思い出を『麻酔』って言葉を聞くたびに思い出します。

マロンはモグが亡くなってから2代目の愛犬。
モグのイニシャル『M』から始まる様にMARON(マロン)と名付けました。どんなに簡単な手術とわ言っても嫌な思い出の記憶って蘇るよね。犬は長い年月連れ添うイキモノ。その分思い入れも違います。

モグとの思い入れが強くて、マロンには『モグはこんな事簡単にやってたのに!!』なんて傷つけるような事も言った事もあった。だけど、マロンはいつの間にか、学校へ行くときに一緒に起きて朝食一緒に取ったり、お出迎えしてくれたり、一生懸命私に愛されようってしてくれた。モグの事で出来た深い傷もマロンが少しずつ癒してくれて、いつの間にかモグは『思い出』になって。色々な意味で新しい自分にしてくれたマロンちゃん。

そんなマロンちゃんが無事に麻酔から覚めて、いつものイビキが聞こえてきて、ご飯頂戴っておねだりでひつこかったり。そんな当たり前の時間がまた来ますように。


| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。